20代にとって安い自動車保険ランキング

保険

20代 安い 自動車保険 ランキング

20代にお勧めの安い自動車保険ランキング!ベスト3社の見積もり

20代の人が自動車保険を選ぶ際に気になるポイントは、価格とサービスとわかりやすいさです。

単純に保険料の安さだけ見ればダイレクト自動車保険の選択となるわけですが、保険会社ごとの差は意外にも大きいのが実態です。

これは損保各社の保険料のベースが異なるために生じるのですが、近年は年齢条件による違いも顕著みたいです。

20代の保険料を分ける3つの年齢区分とは

ダイレクト損保をはじめとする自動車保険のCMについて、保険料の安さ訴えている多くの年齢条件は30代から50代となっているそうです。

まさに20代の条件サンプルがあっても26歳以上の条件設定となっているのが殆どです。

保険料が高いので悩んでいる、年齢条件なし区分の20歳の人や21歳から25歳の人は、あまりピンとこない広告内容となっています。

20代の年齢区分

4輪自動車を対象とした20代の自動車保険では保険料の年齢区分が大きく3つに分けられているそうです。

20代の入り口となる20歳までを含む年齢条件を問わず補償の年齢条件とは18歳以上全ての人が補償対象となります。

21歳以上を補償となる年齢条件では、文字通り18歳から20歳までの運転者以外が補償対象となります。

21歳に対して年齢条件を変更した時、年齢区分による保険料の差を大きく実感できるはずです。

20代で最も安い年齢条件の区分は26歳以上の補償となるそうです。

その先に30歳と35歳を対象とした年齢区分もありますが、26歳以上を対象にする年齢区分と保険料の差は殆どないそうです。

ダイレクト損保の中には、26歳を最上位の年齢条件の区分としている保険会社もあります。

20代の保険料は20歳が最も高く、21歳から25歳はかなり安くなり、26歳から29歳になると30代の保険料と大きな差がなくなり更に安くなります。

自動車保険は21歳から安い

保険料が安く設定されているのは21歳を超えてからとなるので、それまで車の保有を我慢することが、保険料を抑える簡単な方法となります。

昨今は、4輪自動車の免許を取得しても車を買わない人が増えたと伺いますが、それでも車を購入して乗る人はかなりの数いるみたいです。

そうした人の中には、自動車ローンの支払いと保険料を同時に抱えて、支払いに苦慮する人も多いようです。

20代の自動車選びの2つのポイント

20代で初めて自動車保険に入る時は、その保険料の高さと補償内容の複雑さに驚かれる人も多いようです。

保険料

生命保険の多くと異なり自動車保険は、掛け捨てにも関わらず次年度の割引を目指して、1年間無事故で過ごすことに最大配慮しながら毎年更新を繰り返していくという、損をすることを大前提とした保険です。

無事故で掛け捨てが前提の自動車保険だからこそ、考えられるリスクをしっかり検討し、必要な補償に的を絞り出来るだけ安い保険料の自動車保険を検討しましょう。

補償内容

掛け捨てとなる自動車保険は、補償内容が保険の本質です。

したがって無駄なく補償を選ぶことは勿論ですが、車の使用状況に合わせた補償をつけておくことが肝心みたいです。

20代の若年層にはとても高いことで知られている一般車両保険ですが、万一の自損事故による全損を起こした時も、ローン残債の一括返済リスクを補うことが出来るそうです。

現金や概ね1年程度の短い期間の自動車ローンで購入している場合、多額のローンだけが残るという最悪の状況にはならないと思いますが、支払い期間が2年以上残ったローンが持っている人は、車両保険の付保を積極的に検討した方がいいでしょう。

無駄な補償はつけないことが基本です。

20代にとって安い自動車ランキング会社は?

SBI損保

イーデザイン損保

アクサダイレクト

が安い保険会社となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました