速い車ランキング!

自動車

手が届く速い車ランキング!速い車ランキングと狙い目の中古車!

速くてかっこいい車ランキングはコチラで読むことが出来ます。

高性能な車は価格が高くてなかなか手が届かないもの。

価格を抑えて速い車を買いたいなら中古車がオススメです。

しかし、たとえば世界に名を轟かせた日本製の名車はアメリカのブーム到来で在庫が激減しています。

その為に購入を躊躇っていると、時すでに遅しになることもあります。

輸入車には速い車が沢山存在しています。

安くても600万円近くすることから国産車に絞って紹介します。

最高速度で見る国産車ランキングTOP3

1位レクサス・LFA 最高速度325km/h

レクサス・LFAは2010年12月から2012年12月までに販売された二人乗りのスポーツカーです。

レクサスのプレミアムスポーツであるFシリーズの頂点に立つ車種で、レクサスでは初となるスーパーカーでもあります。

LFA工房にて、ほぼ全てが職人によるハンドメイドで1日1台のペースで製造されています。

限定500台で日本車では異例の3750万円という車体価格で販売されています。

専用設計のヤマハ製4.8リッターV10エンジンを搭載しています。

独特のバトルシフトフィーリングをもった6速ASG(セミAT)と組み合わされます。

最高出力412kW/8700rpm,最大トルク470N-m/7000rpmを発生させます。

楽器メーカー・ヤマハの音響技術も余すこともなく駆使したところで、唯一無二の官能的なサウンドを作り上げています。

2位 日産GTーR(NISOMO)最高速度315km/h

GT-Rは2007年から販売されているノッチバッククーペ型のスポーツカーです。

スカイラインもGT-Rの後続車種であり、日産のスポーツカーの象徴です。

誰でも、どこでも、いつでものコンセプトから普段乗りも重視して設計されているそうです。

スーパーカーとしては異例の荷室として使える後席、ゴルフバック二つが入るトランクなどが備えています。

パフォーマンスモデルの頂点という位置づけのNISMOにはレース専用車両に搭載されるGT3タービンを搭載されています。

3.8リッターV6ツインターボエンジンを搭載、6速DCTと組み合わされます。最高出力および最大出力は、441kW/6,800rpm、652N-m/5,600rpmを発生させます。https://navikuru-car.com/fastest-car-25740より

GT-R NISOMOの車体本体価格は1870万円です。

3位はホンダ・NSXで最高速度は308km/h

NSXは、2016年から販売されている2人乗りのスポーツカーです。

1990年から2006年まで販売されていたNSXの2代目モデルでハイブリッドシステムを搭載しています。

エンジンはF1コンストラクターのコスワースと共同開発した3.5リッターV6エンジンをミッドシップに搭載、3基のモーター、9速DCTと組み合わされています。

エンジンとモーターを合わせたシステム最高出力と最大出力は427㎞/h・646N-mです。

車体価格は、現在のホンダのラインナップの中では最高価格の2370万円です。

性能や価格ではポルシェ・911ターボやアウディ・R8といったスポーツカーと肩を並べる存在となりました。

カスタムされたものであれば、最高速度は380㎞/h以上に達する車種もあるそうです。

しかし、通常のモデルでは最高速度が200㎞/h程度にまで落ちてしまうこともあるそうです。

加速性能が優れた国産車ランキングTOP3

1位は日産GT-R NISMO 0-100km/h加速は2.6秒

GT-Rは現在、販売されている国産車としては最速のスポーツカーです。

2015年にはドイツ・ニュルブルクリンクで世界記録を達成すると、国産車随一の走行性能を誇っています。

0から100km/h加速で同等といえる海外の名車と比較すると、GT-R NISMOの1870万円のコスパがいかに優れているかがわかります。

2.9秒のランボルギーニ・アヴェンタドールは4500万円

2.5秒のフェラーリ・ラ・フェラーリは1億6000万円

2.6秒の日産・GT-R NISMOは1870万円

GT-Rのエンジンは、卓越した技と豊富な経験を持った5人の匠による手作業でくみ上げられるそうです。

一基のエンジンに対して1人が責任をもって、くみ上げには9時間かかるそうです。

2位はホンダのNSX 加速は3秒

NSXはホンダのスポーツカーでは最速で、GT-Rと肩を並べる走行性能を持っています。

搭載される3基のモーターは、エンジンをアシストするダイレクトドライブモーター1基と、前輪を左右独立で駆動するツインユニットモーター2基からなっています。

ハイブリッドの恩恵で、凄まじい性能を持ちながら低速ではなめらかで静かに加速します。

他車のスポーツカーでは味わえない、新感覚の走りを楽しむことが出来るそうです。

3位レクサス・LFA 加速3.7秒

レクサスLFAは世界超一級レベルのスポーツカーを世に送り出すべく開発された車種です。

スーパーカーではエンジンを座席より後ろに搭載するミッドシップが主流ですが、LFAはフロントに搭載されています。

超高回転まではスムーズに回転が上がるエンジンの吹き上がりで、そのサウンドは官能的と言われているそうです。

エンジニアからは天使の咆哮と言われているそうです。

加速は強烈でありながらも、自然吸気エンジンらしい高回転の伸び特徴的の心地よさが感じられます。

中古車でお勧めの速い車ランキング

100万円以下で格安車種「マツダRX-8」

100万円以下であれば、マツダRX-8がお得だそうです。

メーカーによる公表ではありませんが、RX-8は最高速度が240㎞/h、0-100km/h加速は5.1秒です。

中古車相場が低いわりに、高い走行性能を持っている点がオススメだそうです。

2018年11月現在、中古車相場は9.8万円から309.9万円で平均価格は60.1万円だそうです。

世界で唯一NA(自然吸気)ロータリーエンジンを搭載した車種です。

直線こそパワー不足を感じるものの、コーナーでは抜群の加速を見せることが特徴です。

サイド排気ポートを採用したロータリー・エンジンはレブリミットが9000rpmという高回転型ユニットです。

300万円以下のレクサス・ISFがお手頃

300万円以下ならレクサス・ISFです。

現在の中古相場は154.8万円から598万円、平均相場は273.7万円と新車価格(766から1080万円)から考えると、大幅に安くなっています。

最高速度は300㎞/h以上、0から100km/h加速が4.9秒という優れた走行性能を持っているそうです。

ISFは最高速度は4位、加速性能では8位にランクインしています。

ISをベースに開発されたスポーツセダンで、安定した走りが300㎞/hオーバーでも実現できるように、空力チューニングが施されているそうです。

500万円以下:新車より100万円以上も安く手に入る日産・フェアレディZ NISMO

500万円以下の速い中古車はフェアレディZ NISMOがオススメだそうです。

現在の中古車価格は339.8万円から499万円、平均相場は420万円だそうです。

販売中のモデルにも関わらず、新古車の価格は499万円だそうです。

新車価格は640万円です。

比べると100万円以上お得ということとなります。

最高速度は250㎞/h,0から100km/h加速は5.2秒という走行性能を持っています。

9位にランクインしているそうです。

高性能プレミアムスポーツバージョンはNISMOは、ECUや排気の設定により、通常モデルより高いパフォーマンスを実現しています。

更に、前後タワーやサスペンションなどの足回りも専用のものが採用されています。

800万円以下、1000万円越えの日産・GT-Rも視野に入れる

800万円まで予算を広げることが出来たら、GT-Rを狙うことも出来ます。

現在の中古相場は400から2090万円するそうです。

平均価格は708.6万円だそうです。

一般的な車種とは違って、GT-Rのモデルチェンジは少し特殊だそうです。

毎年進化するイヤーモデル制を採用しているそうです。

現行型に近くなると新車販売価格と殆ど変わりがないそうです。

2012年モデルまでなら予算の800万円以内で購入することが出来るそうです。

GT-Rノーマルの最高速度は309km/h、0から60マイルでは3.2秒でした。

パフォーマンスモデルであるNISMOは、最高速度で2位だそうです。

加速性能では1位にランクインしているそうです。

国産車屈指の高性能スポーツカーです。

製造においては、他社のスーパーカー並みの性能と安い価格を実現しているために、最終の組み立ては専用ではなくて既存のラインで混ざっているそうです。

世界最速の車ランキング

国内外問わず、映画やドラマ、そしてアニメなどで驚異的な速さで走る車を見かけることがあります。

そんな印象的な映像を見ると、一番速い車はどのくらいの速度で走ることが出来るのか?

ヨーロッパ勢が複数ランキング入り

AGERA One:1はスウェーデン発のスーパーカー等を製造するメーカーです。

ケーニグセグ・オートモーティブが発売しているスーパーカーです。

ケーニグセグ・オートモーティブは1994年、クリスチャン・フォン・ケーニグセグが若干22歳の時に創業した高性能自動車製造会社だそうです。

AGERA創業20周年を記念したモデルというだけあって、随所にこだわりがあるそうです。

出力は最大1360馬力と車とは思えない程力強いそうです。

最高時速は430㎞/hで1メガワットを超える出力を誇ることからメガ・カーと言われているそうです。

4位はブガッティ・ヴィロン16.4 スーパースポーツ

ブガッティ・ヴェイロン16.4スーパースポーツは1909年にフランスに設立された自動車メーカーブガッティ・オトモビルが製造したスーパーカーです。

2015年までに300台が限定販売されています。

現在は販売は終了しているそうです。

最高時速は時速431.072km/hで2010年ギネス世界新記録が達成しています。

因みに2005年、時速407㎞/hと世界最高記録をマークしているそうです。

未来感溢れるボディが特徴的な1台です。

上位ランキング車は435㎞越えです。

第3位ヘネシーヴェノムGT

アメリカのテキサスで1991年に設立されたチューニングメーカー・パフォーマンスが製造したスーパーカーです。

チューニングメーカーなのでベースとなるクルマを改造して、速度の出る車を開発するスキルに優れているそうです。

ヘネシーヴェノムGTはこれまでに12台製造されているそうです。

2014年2月には最高時速435.3km/hをたたき出したそうです。

ギネスの出す条件を満たすことが出来ずに、ギネス記録には認定されてはいないそうです。

現在ヘネシーヴェノムGTは生産は終了しているそうです。

後継モデルのヘネシーヴェノムF5が登場しています。

2位AGERA RS

AGERA RSはケーニングセグ・オートモーティブのAGERA Rをベースに更に高性能化を施したモデルだそうです。

2017年11月4日に、アメリカのネバタ州で記録した最高速度は447㎞/hを記録して最も速い量産車だったそうです。

AGERA RSは、サーキットに軸足を置いたモデルとされています。

日常でも苦も無くドライブ出来る仕様になっているそうです。

AGERA One:1の開発過程で得た先進技術を用いつつも、AGERA SやRなどのモデル同様に実用性も同時に確保されているそうです。

AGERA RSは1台1台ハンドメイドで25台生産されています。

発表当時で既に10台売約済みになるほど人気があったそうです。

世界最速車第一位は!?

第1位はブガッティシロン スーパースポーツ300+

ブガッティシロン スーパースポーツ300+はフランスのブガッティとイタリアのダラーラがシロンロングテールとして共同開発された実験車が市販化されたモデルです。

気流が最適化するために余計なパーツを廃止して、エキゾーストシステムを工夫する等、速さを追求したモデルとなっているそうです。

最高時速は約490㎞/hも出るそうです。

速すぎです。

現在のギネス記録を保持しているそうです。

ブガッティシロン スーパースポーツ300+は30台の限定生産モデルで価格は350万ユーロで日本円に換算すると、なんと約4億2500万円です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました